コンテントヘッダー

サチ安らかに

応援して頂いている皆様へ
日付がかわって昨日2月8日にサチが亡くなりました
朝、パートのかたがケージを見たらお腹がパンパンになって膨れていたそうです
胃捻転では無いかと思われます

一昨日、サチも随分と人に慣れ、
外に出ても恐がる様子も無くなったので
里親募集をしましょうとスタッフにも話してトップに仲間入りしたばかりでした
12・19サチ1
<12月19日>
とてもシャイでおどおどした感じだったサチ
子供の世話を一生懸命していたサチ
10・18バリケン☆サチ
<10月18日>
ガリガリに痩せてしまっていたサチも
随分しっかりした体つきになり
便もやっとしっかりした形になって喜んでいました
家庭に入ってから家の中で過ごせるように
ケージに慣れて来て次はバリケンに・・・・と思っていた所でした
さち

サチ、お家を見つけてあげることが出来なくてごめんなさい
そして、あなたが生んだ子供たちが私を引き合わせてくれて
あなた達に会う事ができました
シェパードの仔犬の募集と言う事が私の耳に入らなかったら
きっとこの施設に来る事もなかったでしょう
あなたが頑張って生んでくれた子犬達
残された犬達があなたの分まで幸せになれるように
これからも精一杯お手伝いをさせて頂きますね
さち1

どうか、安らかに・・・そして見守っていてください
今まで、過ごした時間、あなたとの楽しかった思い出をどうもありがとう


お問い合わせは左のメールフォームか
hokurikuwan★yahoo.co.jp(★を@に変えて)へご連絡ください。
里親希望の方は譲渡条件を必ずご一読の上、ご連絡ください。


mixiチェック
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

サチちゃん。。。

皆さんとの
出会いのきっかけとなり

生きている「命」として

「大切に想われる」事を知って

「もう大丈夫。。。」と
安心したんでしょうか。。。

短い間でも

優しくしてもらえる
皆さんに出会えて

幸せな気持ちを味わう事が
できたのではないでしょうか。

見送る側は
心残りが消えないものですょね。

これからは
お星様になったサチちゃんが

皆さんを見守ってくれる事と
思います。

サチちゃん。
どうか、安らかに。。。


leelee。さん

お優しいお気持ちをありがとうございます。

犬の胃拡張捻転症候群は遺伝性の疾患との研究発表もあるようですが
そうであってもなくても、深い愛情の下に適切な管理がなされていたなら、
サチを助けることが可能だったのではないかと考えるとやりきれない思いです。
ですが命の灯が消えたサチの早すぎる死を悼んでくださる方がおいでだと
私たちスタッフもほんの少し救われる気持ちになります。

どうもありがとうございました。
プロフィール

北陸わん

Author:Big smile プロジェクト
・・・北陸わんスタッフ4名

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
当ブログへのリンクについては
リンクについてをご一読ください。

banner.jpg

hokurikuwan_banner01.gif
リンクボランティア
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム
携帯メールの方はご遠慮いただいております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
管理者のみ