コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お問い合わせは左のメールフォームか
hokurikuwan★yahoo.co.jp(★を@に変えて)へご連絡ください。
里親希望の方は譲渡条件を必ずご一読の上、ご連絡ください。


mixiチェック
コンテントヘッダー

ホワイトシュナウザーのアイン

【募集準備中です】

アインは現在預かり宅で生活しています。
その様子はこちら→ホワイトシュナウザー☆アイン☆お預かり日記



名前:アイン
犬種:ミニチュアシュナウザー(ホワイト)
性別:オス
生年月日:2009年5月19日(1歳)
体重:6.9kg
フィラリア:-(2010/11/21診断)

体長 約34cm 体高 約36cm

参考図:
01.gif


~アインの病気について~

昨年11月に里親希望の方があり健康診断をしたところ、
アンモニア値が130(正常値16~75)と非常に高い数値でした。
また、白血球の値も204(正常値60~170)でした。

この時点で獣医から
「異常な数値なので、体調管理や様子観察をする必要がある」と言われ
ボランティア宅にて一時預かりをする事になりました。

白血球の数値については、薬を内服し、数値もさがり完治しました。

一方のアンモニアの値は…
まず、アンモニアを分解する酵素が働いていないかどうかを調べる為
食前と食後で胆汁酸数値を調べることにしました。
結果、食前でも40.2umol/l
食後はなんと237.8umlo/l(正常値0.0~0.5)
とても高い数値になった事から正常に働いて居ない事がわかり
門脈シャントの疑いがあるためCTを撮りました。

CTの結果、大変太い門脈シャントがあることが判明し
「排泄されるべきアンモニア」が門脈から体内の静脈に流れてしまい
また、「肝臓に必要なたんぱく質」は、肝臓へは行かず
血管を通して流れ出てしまっている状態です。

その後、サプリメントとシロップのお薬が効いてアンモニア値は89まで下がりました。

しかし、これが長く続くと痙攣の発作をおこしたり、
ふらつきなどの歩行障害があらわれるようになるとのこと。
アインは、門脈シャントの手術(血管を徐々に塞いで行き余計な流れ止める)をしなくては
長くは生きられないのです。

_________________________________
何件かお問い合わせをいただいておりました、ご支援・ご寄付についても
別途ページを儲けましたので 募金のお願い をご覧いただけると幸いです。


お問い合わせは左のメールフォームか
hokurikuwan★yahoo.co.jp(★を@に変えて)へご連絡ください。
里親希望の方は譲渡条件を必ずご一読の上、ご連絡ください。


mixiチェック

テーマ : 里親募集
ジャンル : ペット

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

北陸わん

Author:Big smile プロジェクト
・・・北陸わんスタッフ4名

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
当ブログへのリンクについては
リンクについてをご一読ください。

banner.jpg

hokurikuwan_banner01.gif
リンクボランティア
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム
携帯メールの方はご遠慮いただいております。

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
管理者のみ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。